がん保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 佐賀

HOME > 目的別保険相談 > がん保険への加入を検討しています。診断給付金とはどのようなものですか?また、最適な保障金額はいくらくらいでしょうか?

がん保険の新規加入

がん保険への加入を検討しています。診断給付金とはどのようなものですか?また、最適な保障金額はいくらくらいでしょうか?

2020年10月20日

【ご相談事例】

がん保険への加入を検討しています。

友人から診断給付金がしっかりともらえるプランを選ぶといいと言われましたが、診断給付金とはどのようなものですか。
また、最適な保障金額はいくらくらいでしょうか。

【ご回答】

がん保険は、所定のがんになった場合に保障を受けられる保険で、
「がん診断給付金」
「がん入院給付金」
「がん手術給付金」
「がん通院給付金」
「がん治療給付金」
「がん先進医療給付金」
など、さまざまな保障があります。

中でも「がん診断給付金」は、所定のがんと診断された際に給付金が受け取れるため、治療を始めるうえで経済的な負担を軽減してくれます。

●がん診断給付金とは

所定のがんと診断されたとき、一時金を受け取れます。

がん診断給付金の使い道に制限はなく、がんの治療費だけでなく、がん治療のための準備費用や治療中の生活費などに活用できます。

がん診断給付金を受け取るための条件は契約によって異なり、入院が条件になっているケースもあれば、再発した場合でも受け取れるなど、さまざまなタイプがあります。

がん診断給付金の額は加入するタイプによって違い、一時金の額は「50万円~200万円」くらいが一般的です。

最適な給付金の額は契約者によって異なりますが、給付金が多ければ万一の場合に安心できる一方で、その分の保険料の負担が大きくなってしまいます。

がん保険を契約する場合には、診断給付金の額によってどのくらいの保険料の負担が違うのか、保険屋さんにシミュレーションしてもらうといいでしょう。

そのうえで、無理なく続けていけるプランを選ぶのが最適と考えられます。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。