生命保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 佐賀

HOME > 目的別保険相談 > 相続について「相続財産のほとんどが不動産なので、終身保険を有効に使うといい」と言われました。どういうこと?

生命保険の新規加入

相続について「相続財産のほとんどが不動産なので、終身保険を有効に使うといい」と言われました。どういうこと?

2019年11月20日

【ご相談事例】

相続について保険屋さんに相談したところ、「相続財産のほとんどが不動産なので、終身保険を有効に使うといい」とアドバイスを受けました。
どういったことなのでしょうか。

【ご回答】

相続税は、被相続人(亡くなった方)の財産に基づいて、相続人(財産を相続する人)が連帯して相続税を納付します。

そのため、被相続人の財産が不動産だけの場合、相続税を納付するための現金が不足してしまうことがあります。

そうすると、相続人が相続した不動産を売却するなどして、現金を捻出しなければならないことがあります。

これでは、大切な不動産を相続人に相続させることが困難になります。

そこで、あらかじめ終身保険に加入をして、相続税を納付するための現金を準備するという方法が対策として考えられます。

また、生命保険の死亡保険金は、保険料の全部または一部を被相続人が負担していた契約は相続税の課税対象となり、以下の計算式で求める金額を上限に、相続税が課税されません。

500万円 × 法定相続人の数 非課税限度額

そのため、現金で相続するよりも、生命保険などの死亡保険金として相続したほうが、相続税の税負担を軽くすることができます。

この機会に保険屋さんに相談するなどして、相続を見据えた保険の契約を検討されてみてはいかがでしょうか。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。