生命保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 佐賀

HOME > 目的別保険相談 > 生命保険で相続税対策をする具体的な方法を教えてください

生命保険の新規加入

生命保険で相続税対策をする具体的な方法を教えてください

2016年10月27日

【ご相談事例】

生命保険を活用して、相続税対策ができると聞きました。
具体的な方法を教えて下さい。

【ご回答】

相続税が改正されたことで相続税の対象になる人が増加します。
そのため、相続税対策の必要性を認識する人が増えています。

そこで注目を集めているのが生命保険です。
生命保険を活用した相続税対策の目的とその効果は以下のとおりです

1.死亡保険金の非課税枠で相続税を回避

生命保険には「500万円×法定相続人の数」の非課税限度枠があります。
この非課税枠を活用して相続税の支払いを減らすことができます。

2.相続税を納めるための現金の準備

相続財産には現金のほか有価証券、貴金属、土地や建物などの不動産などがあります。

現金や有価証券など、換金性の高い遺産が多ければ、相続税を現金で納めることができますが、遺産のほとんどが不動産だけという場合には、不動産の売却や物納も検討しなくてはなりません。

こうした事態を回避するため、あらかじめ生命保険に加入しておけば、受け取った死亡保険金で相続税を納めることができます。

3.遺産の分割に活用する

遺産のほとんどが不動産の場合、遺産の分割で話し合いがまとまらない可能性があります。
そこで生命保険の死亡保険金を活用し、遺産争いの回避もできます。

詳しくはお気軽にご相談ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ