生命保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 佐賀

HOME > 目的別保険相談 > 相続対策の生命保険は、「終身保険」と「定期保険」のどちらがいいでしょうか?

生命保険の新規加入

相続対策の生命保険は、「終身保険」と「定期保険」のどちらがいいでしょうか?

2016年05月11日

【ご相談事例】

相続対策で生命保険の契約を検討する場合、「終身保険」と「定期保険」のどちらがいいでしょうか?

【ご回答】

「定期保険」の死亡保障は一定期間に限られているため、保障期間を過ぎてしまえば保険金を受け取れません。

一方、「終身保険」は終身にわたって死亡保障があるため、何歳で死亡しても保険金を受け取れます。

そのため、生命保険を活用して相続対策をする場合には、「終身保険」を選ぶのが一般的です。

生命保険を活用した相続対策では、以下のような効果が期待できます。
死亡保障の金額を決める場合には、以下の点を念頭において検討するといいでしょう。

1)節税効果を期待する
生命保険には基礎控除があり、以下の金額までの保険金が非課税になります。
「3000万円+(600万円×法定相続人の数)」

現金で相続するよりも節税効果が期待できるため、多くの方が終身保険を活用しています。

2)相続税を支払うためのお金を準備する
相続では相続税を支払うため、不動産を売却しなくてはならないケースも想定されます。
そこで、生命保険を利用して、相続税の支払いに充てる現金を準備します。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ