生命保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp - 佐賀

HOME > 目的別保険相談 > 生命保険は病歴を正しく申告していなくても大丈夫?

生命保険の加入中

生命保険は病歴を正しく申告していなくても大丈夫?

2015年05月15日

【ご相談事例】

病歴を正しく申告していませんが、大丈夫でしょうか?

【ご回答】

告知義務違反という重大な問題とされています。
そして、保険の契約は無効とされて、保険金が支払われなくなります。

ここでよく言われていることが、「病歴をごまかして申告して保険に入っても、2年間何もなければ問題ない」といったことです。

確かに保険契約においては、加入してから2年間入院するなどの事由がなければ契約は継続されます。

しかし、これはすべての場合にあてはまるのではなく、悪質といえる場合には詐欺行為として保険契約が解除されることになります。

特に入院したことがあるなどの大きな病歴を隠して保険に加入したとなれば、告知を忘れていたという言いわけが通用するはずもなく、悪質な行為として保険は解約されることになります。

告知義務違反が判明するのは、保険金の請求時に出された医師の診断書や、保険会社の調査による場合が多いようです。
万が一の場合の際に遺族が困らないように正しい告知をしましょう。

ただ、死亡された原因が病気ではなく事故であったなど、その病気とは関連のない場合は保険金が支払われる場合もあります。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ