生命保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 佐賀

HOME > 目的別保険相談 > 生命保険の「告知」について質問です。嘘をついても黙っていればわからないと思うのですが、発覚することはあるのでしょうか。

生命保険の新規加入

生命保険の「告知」について質問です。嘘をついても黙っていればわからないと思うのですが、発覚することはあるのでしょうか。

2020年05月28日

【ご相談事例】

生命保険の「告知」について質問です。
嘘をついても黙っていればわからないと思うのですが、発覚することはあるのでしょうか。

【ご回答】

生命保険へ加入する際には、被保険者(契約の対象となる人)の健康状態や過去の病歴、身体の障害、現在の職業などについて保険会社に知らせますが、このことを「告知」と言います。

保険会社は告知の内容によって生命保険を引き受けるのかを検討するため、告知はとても重要なプロセスです。

もしも告知の際に嘘をついて生命保険に加入しても、万一の場合には嘘が発覚し、保険金が支払われなくなることがあります。

これは、保険会社へ給付金や保険金の請求をすると、保険会社はその事実を確認するために調査を実施するためで、調査の結果、告知内容に偽りがあることが発覚すると、告知義務違反とみなされて保険金や給付金が支払われないことがあります。

調査では、請求書や診断書にある病院への調査、複数の医療機関での通院や入院をしていればそれらの履歴の調査などが行われるため、嘘は必ず発覚すると考えておきましょう。

なお、契約が締結した後でも、告知内容が事実ではないと感じる場合には、早めに保険会社へ相談しましょう。

その際には契約を解除される可能性がありますが、保障を制限して継続してもらえる可能性もあります。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。