生命保険の加入中 - 保険相談 見直し.jp - 佐賀

HOME > 目的別保険相談 > 生命保険料が口座残高不足で引き落とされませんでした。今月も支払いが難しいかもしれないのですが、生命保険を解約されてしまうのでしょうか。

生命保険の加入中

生命保険料が口座残高不足で引き落とされませんでした。今月も支払いが難しいかもしれないのですが、生命保険を解約されてしまうのでしょうか。

2021年10月18日

【ご相談事例】

生命保険の保険料を口座引き落としで支払っています。先日引き落としの日でしたが、口座残高不足で引き落とされませんでした。今月も支払いが難しいかもしれないのですが、生命保険を解約されてしまうのでしょうか。

【ご回答】

保険料の払込みには猶予期間があるため、保険料の引き落としがされなかったからといって、保険契約が無効になるわけではなく、また、解約をしなければならないわけでもありません。

一般的に、「月払い」の場合には翌月の保険料の引き落とし時に2カ月分が引き落とされ、「半年払い」「年払い」などでは「翌々月の月単位の契約応当日まで」などあらかじめ決められた日に保険料が引き落とされます。
それまでにお金が準備できるようでしたら、口座に入金しておくといいでしょう。

ただし、保険料の引き落としが当面難しい場合には、解約返戻金を使って自動的に保険料を立て替えてもらう「保険料の自動貸付」を使うといいかもしれません。

生命保険は契約内容によっては、解約しないで継続したほうが有利なケースもあるため、契約の継続を希望する場合には検討してもいいでしょう。

一方、将来的に生命保険の継続が難しいケースや、生命保険の必要性が低いと考えられるケースでは、生命保険を解約するのも選択肢のひとつです。

また、解約時の解約返戻金を使い、保障を減額する代わりに、その後の保険料の支払いをストップする「払い済み保険」が使える可能性もあります。

まずは保険会社に問い合わせ、最適な選択肢を選ぶといいでしょう。

※本記事は、記事作成日時点での情報です。
最新の情報とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。