目的別保険相談 - 保険相談 見直し.jp - 佐賀

HOME > 目的別保険相談 > 自家用車を会社で使う場合は、保険契約を会社名義にしたほうがいいですか?

目的別保険相談

自家用車を会社で使う場合は、保険契約を会社名義にしたほうがいいですか?

2017年06月27日

【ご相談事例】

先月、会社を設立しました。自家用車を会社で使う場合には、保険契約を会社名義にしたほうがいいのでしょうか。

【ご回答】

自家用車を事業に使う場合、自家用車の使用目的や頻度にもよりますが、時として大きな損害賠償責任が生じる場合があります。

また、個人契約と法人契約では、加入できる特約の種類が違ったり、補償内容について違いがあるケースもあったりするため、万が一の場合を考えると、自動車保険の名義を切り替えておいたほうが無難です。

その際には、想定されるリスクが保険でカバーされているのかも確認しておくといいでしょう。

また、自動車保険を会社名義に切り替えた場合には、それまでの等級や事故有係数適用期間を引き継ぐことも可能です。

ただし、事業者が複数の車両を所有している場合には、フリート契約になる可能性もあります。

フリート契約は事業所などが所有する自動車(契約期間が1年以上の自動車保険を契約している自動車の数)が10台以上の場合に適用されます。

フリート契約の保険料は個人契約(ノンフリート契約)の自動車保険と異なり、総契約台数や前年に支払った保険金の額などによって算出されたフリート割増引率で決まります。

該当する場合には、事前に保険会社に確認しておくといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

自動車保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ