火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 佐賀

HOME > 目的別保険相談 > 太陽光発電設備に掛ける保険を検討しています。事故で設備が損壊すると困るので、見積もりを依頼したのですが、思っていたより保険料が高いので、補償を削って安い保険に入るか迷っています。どのように考えればいいでしょうか?

火災保険の新規加入

太陽光発電設備に掛ける保険を検討しています。事故で設備が損壊すると困るので、見積もりを依頼したのですが、思っていたより保険料が高いので、補償を削って安い保険に入るか迷っています。どのように考えればいいでしょうか?

2021年06月22日

【ご相談事例】

太陽光発電設備に掛ける保険を検討しています。
事故で設備が損壊すると困るので、見積もりを依頼したのですが、思っていたより保険料が高いので、補償を削って安い保険に入るか迷っています。
どのように考えればいいでしょうか?

【ご回答】

保険の場合、補償があれば何かしら対応できる可能性が残ります。

逆に、保険料コストを優先して補償を削除した場合、補償がなければ保険会社も一切対応できません。

太陽光発電設備を設置するにあたり、金融機関から新たに借り入れを起こし、売電収入から返済されているケースも多いように思います。

太陽光発電設備ありきで借入返済計画を立てているのであれば、その大切な設備をお守りするためにも、補償は削除しないほうがいいのではないでしょうか。

2021年1月に火災保険の料率改定が行われました。
全体的に保険料増の傾向となっています。

ここ数年の自然災害により、財物が被害を受け、損害に対する保険会社の支払いが増えているのも要因の一つと言われています。

別の捉え方をすれば、自然災害リスクに備えた補償が必要とも言い換えられます。

入り口(契約時)で保険料コストを抑えることも大切ですが、出口(保険金請求時)でしっかり保険金を受け取れることも大切です。

※本記事は、記事作成日時点での情報です。
最新の情報とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。