火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 佐賀

HOME > 目的別保険相談 > 火災保険は建物の構造によって保険料が異なりますか?

火災保険の新規加入

火災保険は建物の構造によって保険料が異なりますか?

2015年09月25日

【ご相談事例】

火災保険は建物の構造によって、保険料が異なると聞きました。
具体的に教えて下さい。

【ご回答】

火災保険の保険料は建物の燃えやすさによって異なり、燃えにくい建物ほど火災保険の保険料は安くなります。

そのため、火災保険の保険料を算出する場合には、建物がどの程度「燃えにくい」のか分類する必要があります。

この分類が「構造級別」です。
「構造級別」は以下のように区分されています。

・M構造 ... コンクリート造の共同住宅などの耐火建築物
・T構造 ... 鉄骨造の戸建住宅や準耐火建築物、省令準耐火建物などの建物
・H構造 ... 木造の共同住宅、戸建住宅など

建物の「構造級別」は、木造や鉄骨造、コンクリート造などの「建物の種類(対象となる建物の柱や壁、屋根などが、どのような材料が使われているのか)」や、耐火建築物や準耐火建築物、省令準耐火建物などの建築基準法等の法令上の「建物の性能」から判断されます。

火災保険の保険料を「構造級別」に見ると、燃えにくい「M構造」の建物は安く、燃えやすい「H構造」の建物は高くなります。

このように、建物の構造で火災保険の保険料は違いますので、火災保険を契約する場合には、建物の構造を正確に告知しなくてはなりません。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ