火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 佐賀

HOME > 目的別保険相談 > 賃貸住宅に住む予定です。火災保険を選ぶ時の注意点はありますか。

火災保険の新規加入

賃貸住宅に住む予定です。火災保険を選ぶ時の注意点はありますか。

2021年09月21日

【ご相談事例】

賃貸住宅に住む予定です。火災保険を選ぶ時の注意点はありますか。

【ご回答】

賃貸住宅に住む場合、賃貸住宅用の火災保険に加入しますが、補償内容は大きく分けて2つになります。

  • 入居者自身の家財を補償する火災保険(主契約)

入居者が所有している家財に対する保険です。
補償内容は、火災や落雷、風災被害を補償する基本タイプから、盗難や偶然な破損事故を補償できる総合タイプもあります。

  • 貸主に対する賠償事故に備える借家人賠償責任保険(特約)

入居者の過失による火災等により、建物自体に損害が生じた際、貸主に対する法律上の賠償費用を補償するものです。

マンション、アパート等の共同住宅に住む場合は、上記に加え個人賠償責任補償を必ず付帯しましょう。
これは日常生活において他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまった際の賠償責任を補償するものです。

共同住宅の場合、自宅の給排水設備からの水漏れにより、階下の方が水漏れによる被害を受け、賠償請求される恐れがあります。

また、この個人賠償責任補償は火災保険以外に、自動車保険や傷害保険に付帯することも可能です。
既に付帯されていないか、付帯されていた場合、補償金額は十分か、この機会にしっかり確認しましょう。

※本記事は、記事作成日時点での情報です。
最新の情報とは異なる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。